暮らし

楽天のポイントを100%以上で現金化できる!?その交換方法とは?

楽天ポイント 現金化 方法 100%

楽天大好きひな吉です!

どのお店でもポイント還元を実施する店舗が増えてきていますね。
現在は政府の《ポイント還元制度》もあり、キャッシュレス決済をしてポイントを貯めている方も多いのではないでしょうか?

ひな吉の家計は ほぼ支払いは楽天カード一択です 。 ガソリン、食費(KYASHリアルカードへチャージ)、スマホ料金、などなど楽天カードで支払ってポイントをもらっています。

楽天ポイントを利用できる実店舗もありますが、使えない店舗も多いですよね。

このポイントが現金だったらいいのに・・・

なんてことはありませんか?
そこで今回は、楽天ポイントを現金以上の価値になっちゃう方法を紹介します。

楽天市場からJCBギフト券などのギフト券を購入する

2019年にひな吉がメインでやっていた方法です。
楽天市場にて楽天ポイントを利用して金券を買うだけ。
ギフト券を貯めておいて金券ショップに持っていき、換金してもらうというやり方をしていました。

期間限定ポイントは利用できる期間が短いので特に買い物するものがない場合などにもおすすめです。

楽天ポイントを楽天Edyに交換する

楽天が運営する電子マネーの楽天Edyへチャージすることで
楽天Edyが使えるお店にて現金と同じように使うことができます。

楽天Payで利用する

楽天Payのアプリをダウンロードしてポイントを下記の店舗で使うことも可能です。
↓実店舗↓
f:id:hinahina0727:20200120223920j:image
↓ネットショップ↓
f:id:hinahina0727:20200120224206j:image

楽天ポイントでふるさと納税する

楽天スーパーポイントを使って楽天ふるさと納税
しても、値引き前の金額が寄附金控除の対象になるため、ポイントを使えば使うほど単純にお得になります。

ふるさと納税すれば、その分だけ翌年の所得税や住民税を節税することにつながるので節約にもぴったりです。
ただし、ポイントを利用するときは楽天ポイントは100円に1ポイント付与なので100ポイント単位で利用するのがオススメです。

《おすすめ》楽天証券の投資信託

ポイントで投資して上がったタイミングで売却して楽天銀行に戻すという事です。

特にまとまった現金が不要な時は現金にせず、お金を育てることも可能です。

投資信託の右も左も分からない状態でポイントで始められるなら・・・と始めたので昨年は月100ポイントのみを楽天ポイント投資の投資信託にという方法で約1年実践してみました。
f:id:hinahina0727:20200120131301j:image
《ひふみプラス》をはじめ、4つの銘柄を購入しています。

例えばこの場合トータル1200ポイント分で1,264円、+5.33%増えています。

銀行の普通預金では0.001%、定期預金でも0.01%など地銀に預金するのはもったいないと感じるほどこの64円が嬉しい

1年間ににわたり実践し、あまりマイナスになることがなかった銘柄だったので今年は引き続きポイントは投資して増やしていきたいと思います。

楽天証券は証券口座作成や、維持費なども無料なので手軽に始められます。
また、楽天銀行を同時に作成しマネーブリッジすることで銀行普通預金金利が5倍の0.1%となります。

※家計用の楽天カードはクレジットカード、ひな吉のポイ活へそくり用の楽天銀行のカードはデビットカードにしています。

まとめ

ポイントのいいところは1ポイント=1円ではなく、それ以上の価値になるところですよね。
おまけで貰ったポイントだから、換金率95%でも現金になればいいやと思っていた昨年。
今年は投資信託でポイントを活用していきたいと思います。

スポンサーリンク