暮らし

ふるさと納税とはどんな制度?3つのメリットについて解説!

f:id:hinahina0727:20191219073057p:image

「ふるさと納税」という制度をご存知でしょうか?

ふるさと納税というのは簡単に言うと、寄付という形で自分の故郷や思い入れのある自治体を応援することが出来る制度です。

そして、このふるさと納税を上手く活用することで、日々の節約に活かすことも出来ます。

今回は、そんなふるさと納税のメリットについてご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税の3つのメリットとは?

では早速、ふるさと納税のメリットについてご紹介していきたいと思います。

1:各自治体の特産品を受け取ることが出来る

ふるさと納税のメリットとして最たるものが、寄付先の自治体から贈られてくる返礼品です。

ふるさと納税をすると、その自治体から寄付した金額に応じた返礼品を受け取ることが出来るのですが、この返礼品というのは基本的にその自治体の名物・特産品を活かしたものである場合がほとんどです。

例えば、佐賀県の自治体なら佐賀牛、北海道の自治体なら三笠メロンなどがあります。

なので、こうした食品関係の返礼品を用意している自治体にふるさと納税を行うことで、遠方の特産品を味わいつつ食費を節約することが出来ます。

ただし、人気のある返礼品は品切れになってしまうことも多いので注意が必要です。

2:税金の控除が可能

「ふるさと納税をして食品の返礼品を受け取っても、別に節約になるわけではないのでは?」と感じた方も多いと思いますが、その秘密はこの税金の控除にあります。

ふるさと納税は厳密には税金ではなく寄付ですので、ふるさと納税とは別に自分が住んでいる自治体に税金を収める必要があります。

しかし、ふるさと納税には「控除上限額」というものがあり、ふるさと納税で支払った金額がこの控除上限額の範囲内であった場合は、「支払った金額-2000円」分の金額が翌年の住民税や所得税から還付されます。

つまり、実質2000円の負担だけで各地の特産品を受け取ることが出来るというわけです。

ただし、控除上限額は年収や家族構成などによって変わるため、事前に自分の場合控除額はいくらになるか?というのを調べておく必要があります。

また、確定申告から税金を控除する場合と、ワンストップ特例制度から税金を控除する場合では手続きの仕方や条件も違ってきますので、注意が必要です。

▽ワンストップ特例制度について▽
(準備中)

3:寄付金の使い道を指定出来る

こちらは節約とは関係がありませんが、ふるさと納税は寄付する際に、その寄付金をどんな用途に使うかを指定することが出来ます。

指定出来る用途は自治体によって違いますが、例えば

・産業振興
・観光促進
・子育て
・スポーツや文化活動の支援
・衛生環境の整備

などがあります。

楽天市場から気軽に納税できる

楽天市場を普段の生活で利用されている方も
多いと思いますが、楽天市場でふるさと納税も可能です。

楽天ポイントも貯まりますのでお得ですよね?

【ふるさと納税】<宮崎県産豚切落し3.5kg(500g×7パック)>※2020年4月末迄に順次出荷 豚肉 切り落とし 国産 特産品 宮崎県 木城町 【冷凍】

価格:10,000円
(2019/12/19 07:44時点)

 

ふるさと納税はクレジットカードでも可能

ふるさと納税は現金だけではなく、クレジットカードでも支払うことが出来ます。

クレジットカードで支払うことによってポイントを貯めることも出来ますので、普通に支払うよりもちょっとお得です。

実質2000円の負担で返礼品をもらうことが出来るふるさと納税ですが、ポイント還元率の高いクレジットカードを利用すれば、負担額はさらに安くなりますので、積極的にクレジットカードを活用していきましょう。

ふるさと納税の申し込み期限

特に期限はなく、1年中申し込みが出来ます。
1月1日から12月31日の年間にふるさと納税を行った分が
当年度の所得税の還付、翌年度の住民税の控除の対象となります。

まとめ

ふるさと納税制度はしっかりと理解して活用することで、日々の節約の助けにもなります。
また、自分の思い入れがある自治体を応援することも出来ますので、一石二鳥ですね。自分の寄付金がどんな使い方をされるのかが分かるのはクリーンで気持ちがいいので、節約目的での利用であっても「良いことをしている」という充実感を感じることが出来ます。